名古屋内科医会

TEL 052-241-6498 (愛知県医師会館内)
名古屋内科医会概要
会長挨拶
名古屋内科医会の紹介
名古屋内科医会会則
入会について
入会案内
役員、会員紹介
役員
会員
講演会の記録
例会開催記録
学術の集い開催記録
会誌ダウンロード
理事会と会員の声
理事会だより

愛知県内科医会創立25周年記念 ご挨拶

私ども名古屋内科医会は1963年に創立され、以来、講演会を企画し、日進月歩の医学医療を自己研鑽してまいりました。そして2年前には創立50周年を迎えています。これまでのすべての例会講演の内容を役員と理事者が分担して会誌に記録を残しており、2015年7月号は1964年創刊から数えて第146号となりました。この会誌内容は愛知県内科医会のホームページで会員の皆様にも閲覧出来るようになっています。

内科の基本は、まず正しい診断を付けることにありますが、近年医薬品の開発に伴って疾病の治療学も進歩し、治療管理目標を設定して治療することが可能となってまいりました。以前は数少ない医薬品により医師個人の経験に基づく治療が行われてきましたが、今日は薬剤の治験により集積された多くのエビデンスに基づいて治療薬を選択する時代になっています。そして内科医の役割は、疾病の治療ばかりではなく生活習慣病の予防へと大きく変化してきました。人口の高齢化に伴って多疾患を抱える高齢者への多剤投与が問題視される状況となり、かかりつけ医による在宅医療の時代を迎えています。

このような背景を考えるとき、今後はさらに医師の生涯教育の重要性が高まってくるものと思われ、内科医会の役割もそこにあると確信しています。今再び、先輩諸先生方の内科医会創立時の学問に対する熱情を想起せねばならぬと感じています。

名古屋内科医会会長 安藤 忠夫 (平成27年12月15日)

会員数

347名(平成27年6月12日現在)

役員(平成26、27年度)

名誉会長 太田 宏
会長 安藤忠夫
副会長
  • 宇野岳人
  • 立松 廣
  • 今村修治
常任理事 渡辺元雄(会計)
理事
  • 木村那智
  • 中川ひふみ
  • 山根則夫
  • 佐々木國夫
  • 若山忠士
  • 井土一博
  • 樋上昌男
  • 大屋敬彦
  • 森田興二
  • 杉田誓子
監事 佐藤 徹

活動状況

  • 理事会は年6回、総会は毎年4月に開催している。
  • 例会講演会は年8回、学術の集いは年2回を開催し、例会講演のうち2回は愛知県下内科医会合同例会として開催している。
  • 例会ごとに保険審査情報の説明会、医療安全伝達講習会を年1回開催し、ホームページは年2回改訂している。
  • 愛知県医師会の各種委員会〔①生涯教育、②健康教育、③医療安全対策、医療安全支援、④苦情相談センター、⑤社保担当者指導委員会、⑥学校保健部会、⑦医療秘書学院など〕へ理事者を派遣している。
ページの先頭へ戻る