名古屋内科医会 TEL 052-241-6498 (愛知県医師会館内)
名古屋内科医会概要
会長挨拶
名古屋内科医会の紹介
名古屋内科医会会則
入会について
入会案内
役員、会員紹介
役員
会員
講演会の記録
例会開催記録
学術の集い開催記録
会誌ダウンロード
理事会と会員の声
理事会だより

名古屋内科医会(愛知県内科医会)入会のおすすめ

先生にはご健勝にてご活躍のことと拝察致します。

さて、今般、名古屋内科医会(愛知県内科医会)へ、ぜひともご入会頂きたくご案内申し上げます。

名古屋内科医会は、1963年(昭和38年)5月にそれまで大学人を中心に名古屋内科会として長年続いてきたものを開業内科医を中心とした勉強会─名古屋内科医会として発展的に創立されました。
今のように各種講演会花盛りといった状況になく、内科を専門的に診療する内科医の勉強会として、真摯に継続的に例会がほぼ毎月、そしてその記録(会報、現在会誌)も発刊され、開業内科医の誇りとステータス・シンボルともいわれるべきものとして発展致しました。
今や全国各地で内科医会が設立されましたが、内容の充実と伝統という点では傑出していると考えます。

また、救急医療助成金の受け皿としてなど、愛知県内科医会(会員数1300名余)も設立され、毎年1月と8月に県下内科医会合同例会を開催し、研修と親睦もはかっております。

日進月歩の医学の進歩に対して生涯教育の重要性が唱えられている今日、ぜひ専門内科医の勉強集団である名古屋内科医会へご入会頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

なお、約20年前に全国規模の日本臨床内科医会が組織され(その総会は今年で27回目、医学会は24回)、そこへの各種委員(会誌編集委員、学術部委員)など当会から派遣して重要な役割を担っております。

従って、名古屋内科医会は独自性を保ちながら、愛知県内科医会、日本臨床内科医会の会員として(ちょうど地区医師会、愛知県医師会、日本医師会のように)、各種の研修会、学会などに参加することができます。

ちなみに日本臨床内科医会には、研修指定医の資格(免状)が履修単位取得者に与えられます。

若い内科医(勤務医も含め)の諸先生のご加入によって本会の活性化を図りたく、何卒ご入会を重ねてお願い申し上げます。

会費は次のとおりになっております。

名古屋内科医会年額 8,000円(入会金 2,000円)
愛知県内科医会年額 2,000円(入会金 なし)
日本臨床内科医会年額 5,000円(入会金 なし)

入会ご希望の方は、下記事務局までご連絡下さい。入会申込書および会費振替用紙をお送りさせていただきます。入会申込書のご返送および入会金及び会費の入金を確認した時点で会員となり、会員名簿に登録後、当内科医会主催の行事案内をお届け致します。

名古屋内科医会会長 安藤忠夫

入会申込書送付先

〒460-0008 名古屋市中区栄四丁目14番28号愛知県医師会館6階
名古屋内科医会

アドビリーダーはこちらからダウンロードください。

ページの先頭へ戻る